スポンサード リンク


こんなにある怖い合併症

合併症,治療,予防 高血圧の怖いところは、命にかかわる様々な合併症を引き起こす可能性があるところです。

まず、脳に関わる病気として、脳出血や脳梗塞、くも膜下出血などが合併症として発症する可能性があります。

これは血圧が急上昇することで、脳内の細動脈の硬化が進んでコブ状の動脈瘤ができ、それが破裂してしまうことで発症したり、 高血圧がもとで動脈硬化になり、脳内の血管に血栓ができて血流が途絶え、酸素と栄養分の供給ができなくなったりすることがあるからです。

心臓に関わる病気としては、狭心症・心筋梗塞・心肥大があります。 これは動脈硬化によって、心臓に酸素や栄養を送り込んでいる冠動脈の内側の壁が狭くなり、一時的に血流が途絶えてしまったり、 最悪の場合、冠動脈に血栓ができて、血流が完全に途絶えてしまうことがあるからです。

その他にも、高血圧が原因で動脈硬化になった場合に発症する病気は、 腎硬化症・腎不全・大動脈瘤破裂・間欠性跛行跛行などがあり、生命に関わる事態になる可能性があります。

放置しないで早めの治療を

高血圧の合併症の起こり方は、人によって異なり、頭痛・動悸・吐き気・倦怠感などを伴う場合もありますが、 自覚症状がない場合も非常に多く、気付かないまま合併症を発症し、生命に関わってくることもあります。

そのような事態に陥らない為にも、血圧のコントロールと合併症の予防・早期発見を常に心がけるようにしましょう。

特に最近では、合併症を発症しているかということや、発症している場合どのくらい進行しているかを、高い精度で検査できるようになっていますので、 気になることがあれば、病院を受診するようにしましょう。



スポンサード リンク