スポンサード リンク


高血圧Q&A

質問 父も母も高血圧なのですが、高血圧は遺伝しますか?

回答 高血圧は遺伝的体質が強く関係する病気で、高血圧になりやすい体質や家系と言うのは存在します。

例えば、両方とも高血圧である両親から生まれた子供が、高血圧を発症する確率は約50%であり、 父母の片方だけが高血圧である両親から生まれた子供が、高血圧を発症する確率は約30%、 両方とも血圧が正常である両親から生まれた子供が、高血圧を発症する確率は約5%と言われています。

このように、両親が高血圧かそうでないかが影響してきますが、両方ともに高血圧の両親から生まれた子供が、 高血圧を発症する確率は100%ではなく、あくまで「高血圧になりやすい体質」が遺伝するのであって、「高血圧」自体が遺伝するわけではありません。

つまり、両親が二人とも高血圧であっても、高血圧を引き起こす要因や生活習慣に気を付けていれば、発症しないということになります。

逆に両親が二人とも高血圧ではなくても、塩分を摂りすぎたり、運動不足だったり、肥満になってしまったりすると、高血圧を発症する可能性があります。

高血圧は、動脈硬化・脳梗塞・脳出血・心肥大・心筋梗塞・糖尿病・腎不全などの、生命に関わる合併症を起こす可能性がある病気ですので、 両親の血圧が正常であっても、生活習慣に気を付け、高血圧が発症しないようにする必要があります。

特に両親ともに高血圧の方は、他の方に比べて、遺伝的に発症しやすいということを頭に入れておいて、生活習慣に気を付けるようにしましょう。



スポンサード リンク