スポンサード リンク


目標は1日6g未満

塩分のとりすぎ 高血圧解消の食事療法の最大のポイントとして、減塩があります。

しかし、日本人は塩辛い味を好む傾向にあるので、いきなり減塩は難しいことです。 少しずつ徐々に減塩していくように心がけましょう。

日本高血圧学会が提唱する塩分摂取量の目安は、6g未満となっています。

日本人の平均的な塩分摂取量は12gと言われているので、約半分に減らさないといけないということになります。

いきなり半分に減らすと、いつもの料理に味気がなくなりますので、 我慢して食べるようになりストレスが溜まってしまい、逆効果になってしまう可能性もあります。

しかし、少量減らす分には、ストレスを感じるほど苦にはなりませんので、普段食べている物の塩分量を把握した上で、 1日1gずつ減らしていくなど、ストレスを感じない程度に少しずつ減らしていき、舌を薄味に慣らしていくようにしましょう。

味付けの工夫で塩分を減らす

他にも汁物は、出汁を濃厚に取ることで、その分、塩分を減らすようにもできます。

酢やレモン・ヨーグルト・カレー・胡椒・ワサビなどの香辛料は、塩分を含んでない上に、 辛味や酸味で味にメリハリをつけることで、食べた時の満足感が高くなり、減塩が苦にならなくなります。

それ以外の方法としては、味噌汁の具を多めに入れることで、塩分の高い汁の量を減らすことができます。

このように、できるだけ減塩が苦にならないように対処しながら、少しずつ塩分を減らしていき、 最終的に1日の塩分摂取量を6gまで抑えるようにしましょう。



スポンサード リンク