スポンサード リンク


副作用は知っておけば怖くない

降圧薬 血圧を下げる降圧薬には、副作用が出る可能性があるものもありますので、しっかりと理解しておきましょう。

まず、「カルシウム拮抗薬」は、血管の壁の緊張を緩めることで、血管を拡げ、血圧を下げる薬ですが、 動悸・頭痛・ほてり感・便秘などの副作用が出る場合があります。

「ARB」は、血管の壁の緊張を緩めたり、交感神経の活性化を抑制したりして血圧を下げる薬で、 副作用は少ないですが、腎臓と肝臓で代謝・排泄される為、肝障害や腎障害がある方は注意が必要で、妊婦や授乳中の方は服用が禁止されています。

「ACE阻害薬」は、ほぼ「ARB」と同じ働きの薬です。働きが同じなので、副作用も「ARB」と似ており、腎臓から排泄されるので、腎障害がある方は注意が必要です。

その他にも空咳が出るようになりますが、これについては薬の服用を止めると、副作用も止まるので心配ありません。

「利尿薬」は、腎臓での働きを調整し、体内のナトリウムを多く外に出すことで血圧を下げる薬ですが、 筋力低下・けいれん・麻痺・便秘・尿酸値の上昇などの副作用が出る場合があります。

「β遮断薬」は、β受容体を遮断することで、ストレスなどによって分泌されるホルモンが、細胞の受容体と結合することを防ぎ、交感神経を抑えることで血圧を下げる薬ですが、 突然服用を中止すると、狭心症などを発症する可能性があります。

このように、降圧薬には副作用があったり、服用を中止する際の注意点があったりしますので、必ず医師の判断を仰ぐようにしましょう。



スポンサード リンク