スポンサード リンク


薬のタイプは2つある

降圧薬 高血圧を抑える治療として、降圧薬治療があります。

血圧が高いままにしておくと、脳梗塞や心筋梗塞などの生命に関わる病気を併発する可能性がある為、 血圧を下げる働きのある降圧薬を服用することで、血圧を下げてコントロールするということです。

この降圧薬には大きく分けて2タイプあります。

ひとつは、血管を広げる薬で、血管の壁の緊張を緩めることで、血管を拡げ、血圧を下げるタイプです。

このタイプには「カルシウム拮抗薬」や「ARB」・「ACE阻害薬」があります。 この中で「カルシウム拮抗薬」は、最も使われている降圧薬で、色々な年齢の方に使用されています。

「ARB」・「ACE阻害薬」は、糖尿病や心臓病・腎臓病などがある方に使用されることが多い降圧薬です。

もうひとつのタイプが、血流量を減らす薬で、体内の水分を排出させたり、心臓から出す血液を減らしたりして、血圧を下げるタイプです。

このタイプには「利尿薬」と「β遮断薬」があり、「利尿薬」は、塩分を摂りすぎている方や腎臓病のある方に使用されることが多く、 血管を拡げる薬の効果が薄い方にも使用されます。

「β遮断薬」は、若い人やストレスが多い人・心臓病がある方に使用されることが多い薬です。

医師に相談して使用する

上記以外にも降圧薬は色々ありますが、薬によっては副作用がある場合もありますし、 自分に合わない薬を服用すると逆効果になったり、他の病気を発症してしまう恐れもあります。

降圧薬の服用をする場合は、必ず病院を受診し、医師の指示に従って飲むようにしましょう。



スポンサード リンク