生活習慣の改善と予防・治療法

  • 生活習慣の改善・・・高血圧の治療は、まずは生活習慣の改善することから始まります。軽症の場合は、これだけで血圧が下がってきます。薬を飲んでいても、生活習慣の改善は必要です。
  • 減塩して血圧を下げる・・・日本人は、世界の中でも塩分摂取が多いことで知られています。これが日本人に高血圧患者が多い理由の一つです。毎日の食事で減塩を心がけましょう。
  • 食事療法で血圧をコントロール・・・長年身についた食生活は、簡単に変えることは難しいものです。少しずつでもいいので、食事療法で血圧をコントロールしていきましょう。
  • 運動不足を解消する・・・ウォーキングなどの有酸素運動は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防に最適です。1日30分以上、自分のペースで無理なく続けるようにしましょう。
  • 高血圧と不眠の深い関係・・・高血圧になると、眠りにくさを感じるようになり、不眠症で悩むことが多くなります。寝る前の3時間は、食事、たばこ、飲酒は控えましょう。
  • 血圧を下げる降圧薬治療・・・生活習慣の改善で血圧が下がらない患者さんには、降圧薬治療が開始されます。降圧薬には血管を守り、合併症を予防するなど、さまざまな効果があります。
  • 降圧薬の副作用とは・・・現在の降圧薬は、副作用が少なくなっていますが、それでもまったくないというわけではありません。服用する薬の種類によって現れる副作用は違うので、どのような症状があるか理解しておきましょう。