スポンサード リンク


原因が特定できない「本態性高血圧」とは

本態性高血圧,原因,治療 高血圧には、特定される原因があって発症する「二次性高血圧」と、 原因が特定できない「本態性高血圧」があります。

基本的には、血液検査や画像検査によって原因が特定されると「二次性高血圧」と診断され、 「二次性高血圧」が否定されると「本態性高血圧」と診断されます。

そして、高血圧の方の約90%が、この「本態性高血圧」と言われています。

このように、「本態性高血圧」とは原因が不明な高血圧のことですが、発症には遺伝因子と環境因子が関係していると考えられています。

ただし、どの遺伝因子が影響するのかは特定されておらず、単一の遺伝子で発症するものでもありません。

また、候補遺伝子があるだけで発症するわけではなく、 肥満・喫煙・塩分の摂りすぎ・運動不足・ストレスなどの環境因子と関連して、発症すると言われています。

生活習慣の見直しを

この「本態性高血圧」に特徴的な症状はありませんが、頭痛・肩凝り・倦怠感などの症状が出ることもあります。 とくに、高血圧発症の早期にこれらの症状が出ることが多いようです。

しかし、このような症状が出たからと言って、すぐに病院を受診しても高血圧と診断されることは少なく、 むしろ自覚症状はないのに、健康診断などで発見されることが多く見られます。

頭痛・肩凝り・倦怠感などの症状が出た場合は、まず塩分摂取量を減らしたり、適度な運動を行ったり、ダイエットしたりと生活習慣の改善などを行いましょう。

それでもなかなか解消しない場合は、できるだけ早く病院を受診すると良いでしょう。



スポンサード リンク