スポンサード リンク


肥満をはじめとする生活習慣

高血圧,原因,生活習慣 高血圧になる主な原因としては、肥満・喫煙・塩分の摂りすぎ・運動不足・ストレスなどがあります。

肥満になると、循環血液が増えて、心臓が血液を送り出す時に大きな圧力が必要になるので、血圧が上がります。

そして、交感神経機能が亢進し、血管が収縮するので血圧が上がったり、 インスリンに対する抵抗性が高くなり、糖の代謝が正常に行われなくなるので、血圧が上がります。

喫煙の影響

喫煙をすると、タバコに含まれているニコチンが副腎髄質を刺激し、 アドレナリンやノルアドレナリンというホルモンが多く分泌される為、血圧が上がります。

アドレナリンは、神経を興奮させる脳内神経伝達物質のひとつで、心臓の働きを強めて血圧を上げる働きがあります。

ノルアドレナリンも、神経を興奮させる脳内神経伝達物質のひとつで交感神経を刺激し、血圧や心拍数を上昇させる働きがあります。

塩分のとりすぎ

塩分を摂りすぎると、体内に塩分が溜まっていきます。

塩分を溜めすぎると問題があるので、様々な物質がそれを解決しようとした結果、 連鎖的に細動脈の血管の壁を収縮させ、血管抵抗が増えるので、血圧が上がります。

運動不足、ストレス

運動不足が続くと、余った脂肪などの養分が血液中に入り、血管の内壁に溜まっていくことで、血管の内側が細くなり、 血液の流れが悪くなるので、心臓が十分な血液を送ろうと圧力を上げるため、血圧が上がります。

ストレスが多いと、交感神経が優位の状態が続き、リラックス状態になりません。
交感神経が優位の状態の時には、多くの血液を送ろうとするので、血圧が上がります。



スポンサード リンク