スポンサード リンク


自覚症状がないまま進行してしまう

高血圧,動脈硬化,自覚症状 高血圧が怖いという話はよく聞きますね。

なぜ怖いのかと言うと、まず、高血圧はかなりの重症になるまで、自覚症状がほとんどないまま進行してしまうからです。

さらに、高血圧はさまざまな合併症を引き起こす可能性があります。

例えば、動脈硬化・脳梗塞・脳出血・心肥大・心筋梗塞・糖尿病・腎不全などになります。

このように高血圧が引き起こす合併症は、命に関わる病気が多く、前述のように自覚症状がないまま進行する為、 「サイレントキラー(静かな殺し屋)」とも呼ばれています。

特に動脈硬化に関しては、高血圧が動脈硬化を引き起こし、動脈硬化が高血圧を悪化させるという悪循環を、 自覚症状がないまま引き起こしてしまいますので注意が必要です。

自分自身で健康管理をしていこう

自覚症状があれば早期発見ができますので、合併症を発症する可能性は低くなりますが、 ほとんど自覚症状がなく、気付かないまま進行してしまうことが、高血圧の一番怖いところです。

自覚症状がないため、高血圧の発見が遅れ、病院を受診した際には、すでに重い合併症を引き起こしていた、ということになる可能性もあります。

そのようにならない為には、まず30歳前後から、定期的に健康診断を受けることや、 生活習慣の見直しをするなど、自分自身で健康管理をする意識が重要です。

また、合併症については早期発見すれば、最悪の事態を避けられることが多いので、 合併症についても正しい知識を持ち、早期発見できるようにしておくよう心がけましょう。



スポンサード リンク