血圧について知っておきたい知識

  • 高血圧はなぜ怖いか・・・高血圧は自覚症状に乏しく、危険性がなかなか実感できません。 動脈硬化が進行すると、脳梗塞・脳出血・心筋梗塞・糖尿病・腎不全などを招きます。
  • 高血圧の診断基準・・・収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上の場合には高血圧と診断されます。 高血圧に気づいたら、早めに医療機関を受診するようにしましょう。
  • 高血圧の原因となるものは?・・・高血圧の多くは、肥満や塩分のとりすぎ、運動不足などの生活習慣が影響して起こります。 生活習慣の改善が血圧のコントロールになります。
  • 原因が特定できない本態性高血圧とは?・・・日本人の高血圧のほとんどは、原因が特定できない本態性高血圧症です。 加齢による血管の老化、塩分のとりすぎ、肥満、ストレス、運動不足などが影響していると考えられています。
  • ストレスを溜めている人は要注意・・・現在、日本人のほとんどの方が、日常生活で何らかのストレスを感じていると言われています。ストレスは高血圧を招き、さまざまな病気の原因となってしまうので注意が必要です。
  • メタボの予防対策・・・メタボの人は、高血圧に加えて、心血管病のリスクが大きくなります。放置せずに、生活習慣の改善、降圧薬などで治療をはじめましょう。
  • 正しい血圧の測り方・・・血圧管理は、普段の自分の血圧を知ることから始まります。血圧は、心理状態や時間帯などによって変動します。正しい手順で定期的に測定していきましょう。